A2ミルクの取り組みについて

A2ミルクは国内ではまだあまり馴染みがありませんが、
ニュージーランドやオーストラリア,アメリカなどで普及が進んでいます。


牛乳中に含まれるたんぱく質の約8割はカゼインです。またカゼインの約3割はβ―カゼインであり、更にβ―カゼインにはA1タイプとA2タイプの2種類に分けられます。乳牛は個体の持つ遺伝子により、A1タイプ、A2タイプ及びA1,A2タイプが混在したミルクをそれぞれ生産し、一般的にホルスタイン牛が持つ遺伝子はA1タイプが多く、ジャージー牛やブラウンスイスなどはA2タイプが多いと言われています。

遺伝子によるβ―カゼインA1、A2タイプの組み合わせ

  A2 A2
A2 A2/A2 A2/A2
A2 A2/A2 A2/A2
  A2 A2
A2 A2/A2 A2/A2
A1 A2/A1 A2/A1
  A2 A1
A2 A2/A2 A2/A1
A1 A2/A1 A1/A1
  A1 A1
A2 A2/A1 A2/A1
A1 A1/A1 A1/A1
  A1 A1
A1 A1/A1 A1/A1
A1 A1/A1 A1/A1
 

蒜山酪農では飼育管理はもとより、優秀なジャージー牛からより良質なジャージー乳を生産するため、ジャージー牛のゲノム検査を実施しています。2020年度1,700頭の内約1/3の670頭を検査したところ、β―カゼインA2タイプの遺伝子を持った個体は以下の通りでした。

2020年度実施結果
遺伝子のタイプ 割合
Ⅰ)A2/A2 70%
Ⅱ)A2/A1 30%
Ⅲ)A1/A1 0%
 

蒜山酪農ではA2ミルクはジャージー乳本来が持つ有意性であると考えています。
この利点を生かすため、近い将来「蒜山ジャージー牛乳」は全てA2ミルクになるよう取り組みを行っています。

上へ戻る